トランプ大統領コロナウィルス感染は陰謀?為替や株価への影響は?

話題のニュース
スポンサーリンク



アメリカ、トランプ大統領の新型コロナウィルス感染報道、驚きましたよね。
ほんの2日前には、バイデン候補者と討論会で元気すぎる姿を見せたばかりでした。
大統領顧問のホープ・ヒックスさんが陽性であることを受けて、トランプ大統領夫妻もテストを受けたところ陽性であることがわかりました。
現在はワシントン郊外のウォルター・リード陸軍病院に入院しているようです。
容体は安定し、病院内で執務をしていると報道されています。
そんなトランプ大統領のコロナウィルス感染は陰謀だと言われています。
どういうことなのでしょうか?
またこのトランプ大統領の新型コロナウィルス感染によって株価為替影響を受けるのでしょうか?
このことについて詳しく調べてみました。
スポンサーリンク



トランプ大統領コロナウィルス感染は陰謀?

トランプ大統領の新型コロナウィルス感染が陰謀だとも言われています。

コロナウィルスに意図的に感染させられたということでしょうか?

そういうことではなく、なんとトランプ大統領の新型コロナウィルス感染がフェイクニュースだというのです。

自ら、同情を得るため自分が感染したことにして同情論を世間から取ろうというのです。

そんなことがあり得るのでしょうか?

これがトランプ大統領自身による「陰謀説」だというのです。

ではなぜトランプ大統領が自ら新型コロナウィルスに感染していると嘘をいう必要があるのか?

その「陰謀説」によるとその理由はいくつかあるようです。

理由は、現在のところトランプ大統領はバイデン候補に選挙戦で遅れをとっていると言われています。

そのため、現状打破のために、病気を理由に世界から、そしてアメリカの有権者から同情を集めようとしているというのです。

実際、トランプ大統領のツイッター上では反トランプの人からもお見舞いの声や、同情の声が集まっているのです。

今まで数々の嘘をついてきたというトランプ大統領。

また現在、トランプ大統領が直面している数々のネガティブな疑惑報道から世間の目をそらすためにもこの「嘘」を利用していると噂されています。

まさにトランプの陰謀だというのです。

その疑惑というのは、一番最近のものではニューヨークタイムズ紙が報じたトランプ大統領の2016年の所得税がたった750ドルだったことがあります。

所得税の納税証明書の提出をトランプ大統領は拒否しつづけているというのです。

またトランプ大統領がアメリカ兵のことを「負け犬」や「まぬけ」と呼んだり、なぜ国のために命を落としにいくのかがわからない。などと発言したと報道されています。

トランプ大統領だけでなく、メラニア夫人の発言にしてもCNNが報道。

内容は、国境付近で捕らえられた不法移民の親子が「強制送還されたら命が危ない」と訴えたことに対して、「誰かが彼らに入れ知恵をした方便にすぎない」とメラニア夫人が発言したと報道されています。

この他、トランプ大統領の家族のスキャンダルなどに関しても次々と報道されています。

このようなネガティブな報道が次々とされていたの事は事実で、2日以降のトランプ大統領のコロナ感染ニュースの後、世間はそして世界は、トランプ大統領のコロナ感染の報道でもちきりです。

また、トランプ氏が新型コロナウィルス感染を理由に、選挙の延期をする可能性ももしかしたらあると言われています。

そしてもし、この感染が本当だとしても、トランプ氏が病気から復活したら、その事実がこの選挙戦において大きな武器にもなり得るでしょう。

「自身はコロナウィルスに打ち勝ったサバイバーであり、現在のアメリカ国民が直面しているコロナとの戦いの意味が一番わかる大統領だ!」と。

5日には、入院中に車で支持者の前に「サプライズビジット」として現れました。

またトランプ大統領は入院先からビデオメッセージや写真を投稿するということもしています。

トランプ大統領のインスタグラムです。この動画で「サプライズビジット」すると予告していました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

President Donald J. Trump(@realdonaldtrump)がシェアした投稿

コロナに感染しているとは思えない行動に政治パフォーマンスに思えるしこの陰謀説も真実味を帯びてしまいますよね。

今後のトランプ大統領から目が離せません。

トランプ大統領のコロナ感染で為替や株価への影響は?

10月2日にトランプ大統領とメラニア夫人の新型コロナウィルス陽性報道後も、株価はそれほど下落しませんでした。

そして週明けの5日も、トランプ大統領の容体が安定、そして快報に向かっているとの報道があり、株価は少し上がったようです。

日経平均株価は、一時300円以上値上がりしました。

トランプのコロナ感染で株価に与える影響はそんなに高いとは言えないようですね。

それよりも、11月の大統領選挙の結果によってのほうが株価に与える影響が高くなるといえるようです。

為替はどうなったのかというと、2日のトランプ大統領コロナ感染報道後、ドル・円は、東京市場では105円67銭から104円94銭まで下落しました。

5日現在は105円台で推移していてそんなに大きな上下幅は起きていません。

大きな容体の変化がない限り、為替の大きな影響もないと思われています。

現在、トランプ大統領はワシントン錦翁のウォルター・リード陸軍病院に入院しています。

抗ウイルス薬「レムデシビル」を投与し、回復に向かっているようです。

幸い容体は安定しているようですが、ホワイトハウス関係者の間でクラスターが発生しているのは事実のようでこれからもっと広がっていくのではと懸念されています。

そうなっていくと選挙戦がどのようになっていくのか気になりますよね。

今後のトランプ大統領の病状から目が離せません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました