創価大・榎木監督のインタビューが物議?小野寺選手の大会後ツイートを心配する声が多数【箱根駅伝2021 】

スポーツ
スポンサーリンク



箱根駅伝2021が2021年1月2日と3日にわたり無事開催されました。

新型コロナウィルスの影響で大会開催も危ぶまれた箱根駅伝2021でしたが、無事終わりました。

優勝は駒澤大学。

そして創価大学が4回目の箱根駅伝で初の準優勝となりました。

往路では優勝となっています。

復路も10区の最後までは首位を守っていたものの、ゴール目前で駒澤大学に抜かれ一位を明け渡す結果となりました。

そして大会終了後に行われた榎木和貴監督のインタビューの内容が話題となっています。

そして大会後にツイッターを更新した10区のアンカーを走った創価大の小野寺選手の内容に心が痛んだのでこちらもご紹介したいと思います。

私も監督のインタビューは全て聞いていたのですが、気になったのでツィッターで見てみるとやはりいろんな意味で話題となっていたので記事にまとめてみたいと思いました。

まずは榎木和貴監督のプロフィールからご紹介したいと思います。

【箱根駅伝2021】創価大学榎木和貴監督のプロフ・経歴や選手時代の実績のまとめ!
2021年1月2日から箱根駅伝始まりました! そして2日、往路が終了し創価大学が往路初優勝を果たしました。 箱根駅伝は4回目の出場で初優勝すばらしいですよね。 その往路優勝へと導いた創価大学の榎木和貴監督です。 ...
【箱根駅伝2021】創価大学の出走オーダーと注目選手!出場校の順位や優勝予想!
2020年の箱根駅伝では躍進し9位に入賞しました。 3回目の出場で、初のシード権を獲得しました。 2区では区間賞もとっている。 就任一年目の榎木監督の采配が光るレース展開となりました。 今季は留学生のフィリップ・ムル...
スポンサーリンク



榎木和貴(えのきかずたか)監督プロフィール

1974年6月生まれ。

中京大出身。

監督就任は2019年2月。

指導年数は2年目となった。

現役時代は箱根駅伝で4年連続区間賞を獲得している。

総合優勝も経験。

実業団での指導経験を経て創価大学監督に就任。

昨シーズン、就任一年目にしてチーム史上初となるシード権を獲得する。

榎木和貴監督はプロフィールからもわかる通り、自身が選手時代に4年連続箱根駅伝出場、そして4年連続区間賞をとっているという素晴らしい戦績があります。

そして創価大学の監督に就任してからまだ2年の監督。

前回は監督就任1年目にしてシード権を獲得、今年は準優勝と指導者としても輝かしい実績を残しつつありますよね。

名選手であり名監督と言われるにふさわしい経歴を駆け抜けている方ですね。

そんな榎木和貴監督のインタビューとはどんな内容だったのか、もう一度みていきたいと思います。

創価大学・榎木和貴監督の大会後インタビュー内容

榎木監督の大会が終了した後のアナウンサーとのインタビューの内容を全文見ていきたいと思います。

アナウンサー:
総合2位創価大学の榎木監督です。お疲れ様でした。
最後の最後で惜しくも総合2位となりました。今レースを振り返っていただくことはできますか?

榎木和貴監督:選手たちはよく戦ってくれたと思います。ただ、やっぱりアンカーにしっかり走れる選手を据えられなかったというのは、指導力不足だと感じましたし、、、決して選手が悪いわけではなく、また次の挑戦をしろということだと思いますので、2番ということで当初の目標はクリアしたわけですから、前向きに考えたいなと思っています。

アナウンサー:
4区でトップにたち、そこからずーとトップを走ったその景色というのは、どうご覧になりましたか?

榎木和貴監督:
そうですね。私が学生の時に経験した舞台というのを選手たちも同じ目線で見ることができたっていうことは成長だと思いますし、また最後優勝のゴールテープがきれなかったというところは、来年の課題を与えられると思ってこの1年しっかりと取り組んでいきたいと思っています。

アナウンサー:
出場4回目にして往路優勝、そして大学の記録も大幅に更新、歴史をつくりましたね。

榎木和貴監督:
そうですね。選手たちは本当によく頑張ってくれたと思います。

私自身が指導者としてまだまだやっぱり優勝できるチーム作りっていうのは、2年では早いっていう風に言われているのかなと思いますので、しっかりと噛み締めて、もう一回チームづくりを立て直したいと思っています。

アナウンサー:
最後にがんばった選手たちへ声をかけるとすれば・・・

榎木和貴監督:
本当に往路から想像以上の走りをしてくれて、本当に頼もしい選手たちだったと思います。

また来年のチャンスが残されている選手たちがたくさんいますので、この悔しさを忘れることなくまた来年の箱根に向けてしっかりと準備をしていきたいと思っています。

このインタビューの中で、榎木監督が選手が

  • 頼もしい選手たちだった
  • 選手たちはよくがんばってくれた

とした一方で、インタビュー最初のところで

「やっぱりアンカーにしっかり走れる選手を据えられなかったというのは・・・」

という文言にネットではザワザワと話題になっています。

監督は自分の責任としながらも、「アンカーにしっかり走れる選手を据えられなかった」という言葉が、アンカーを走った小野寺選手の気持ちを考えるとかわいそうだという声が上がったのです。

確かにここだけを取り上げると小野寺くんのメンタルを考えると、まだまだ学生ですし、初めての駅伝でもあり、初めての大舞台、とてもかわいそうに思えてきます。

大会後の小野寺選手が更新したツイートに心配の声が!

↑こちらが小野寺勇樹選手が大会後に更新したツイートです。

「ごめんなさい」という言葉が辛いです。

謝る必要なんて本当にないです!

大舞台で必死で頑張る姿に感動をもらいました。

また来年の活躍を期待しています!!

この小野寺選手のツイートにたくさんの温かい声援が送られています!

榎木監督の大会後インタビューに関してネットでは?

と、ネットでは「かわいそうだ」という声や、「監督は自己責任を言いたかっただけ」など色々な声が上がっています。

選手が良いコンディションではなかったことを、指導者として見抜けなかったことを「自分の責任だ」とした監督の考えだったのかもしれませんね。

まとめ

創価大・榎木和貴監督の大会後インタビューに関しては、聞く人によって色々な捉えかたになってしまったように思います。

しかし、指導者として戦いの場で厳しい言葉がでるのも事実なのかもしれません。

選手と監督という第三者にはわからない信頼や繋がりがあれば何も問題はないのかもしれません。

小野寺選手は本当に素晴らしい走りと頑張りを見せてもらいました。

そして今回の創価大学駅伝部の大躍進はすごい快挙だったことは事実です。

今シーズンの駅伝これから楽しみですよね。

創価大学駅伝部と榎木和貴監督のこれからの活躍に期待したいと思います。

【箱根駅伝2021】創価大学榎木和貴監督のプロフ・経歴や選手時代の実績のまとめ!
2021年1月2日から箱根駅伝始まりました! そして2日、往路が終了し創価大学が往路初優勝を果たしました。 箱根駅伝は4回目の出場で初優勝すばらしいですよね。 その往路優勝へと導いた創価大学の榎木和貴監督です。 ...
【箱根駅伝2021】創価大学の出走オーダーと注目選手!出場校の順位や優勝予想!
2020年の箱根駅伝では躍進し9位に入賞しました。 3回目の出場で、初のシード権を獲得しました。 2区では区間賞もとっている。 就任一年目の榎木監督の采配が光るレース展開となりました。 今季は留学生のフィリップ・ムル...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました