安倍晋三首相の体調不良はコロナ?ほかの病気で吐血?次期総理は誰!

8月24日、午前先週に続き、また安倍晋三首相が慶應大学病院に受診に訪れているようです。

2週連続の受診です。

秘書官は先週の続きなだけだと言っています。

先日8月17日、安倍晋三首相が検査のため慶應大学病院で検査を受けたと報道されました。

長い時間の検査だったようです。

ここ最近は顔色が悪かったり、会見が行われない時期があったりと体調が心配されていました。

体調不良が続いているようです。

そして、新型コロナウィルスに感染したのではないかとも言われています。

その噂は本当なのでしょうか?

吐血もされたとも言われています。

コロナウィルスではなくほかの病気にかかっているのではないかとも言われています。

前回の第一次安倍内閣の時のように途中で辞めてしまうということになるかもしれません。

そんな事態がもし起これば、次の首相は誰が有力なのでしょうか?

どなたが候補となるのか、調べてみました。

関連記事 → 安倍晋三首相が持病悪化で辞任表明!!

安倍晋三総理の体調不良はコロナ?

2020年に入ってから、安倍晋三首相の体調不良が度々話題に上がっています。

首相は2週連続で8月24日月曜日の午前も慶應大学病院に入りました。

17日に慶應大学病院では長い時間かけて検査をしたようです。

近いうちに入院されるのではないかとも言われています。

会見も長い間開かれていませんでした。

顔色も悪い時が多く、日に日にやつれていくとネットでも話題になっています。

満身創痍な状態で公務をされていることがわかります。

そして。安倍晋三首相は新型コロナウィウルスに感染してるのではないかと噂もあります。

しかしコロナ感染ではないと思われます。

立場上、検査もされているでしょうしもし疑いがあれば表に出てくることもできないでしょう。

官邸にいることも無理なはずです。

ですので、コロナ感染ではないと言えます。

では体調不良の原因は何なのでしょうか?

政府与党内では首相の持病の潰瘍性大腸炎が深刻化していると言われているようです。

安倍晋三首相にとって、2019年からここ最近、大変な騒動続きでしたよね。

森友学園問題もありました。

そして「桜を見る会」の問題でも野党より激しい追及を受けました。

そして2020年に入ってすぐには新型コロナウィルスの流行が始まりました。

政府の初動対応についてが問題にもなりましたよね。

そんなコロナウィルスで世間が大変な時に、昭恵夫人が芸能人とお花見をしたという報道がされました。

コロナ禍においてアイドルとお花見をしている宴会の写真が出てしまったのです。

首相として国民に不要不急の外出のお願いをしている最中のことでした。

嫁がアイドルと花見宴会というのはNGですよね。

このことは世間から批判の声が出てしまいます。

日本ではコロナウィルスの感染拡大が進みました。

そしてマスク不足に陥ることになり、安倍首相肝入りの制作を打ち出します。

「アベノマスク」が全国民に配れらることになりました。

しかし残念ながらアベノマスク、大きさが小さすぎる、そして届くのに時間がかかるなどケチがつきました。

 

国民からの評価は低いものとなってしまいました。

閣僚、政治家の間でもこのアベノマスクをつけていたのは安倍晋三首相だけでした。

なんだかかわいそうにさえなってしまいました。

そしてコロナ禍においてSTAY HOMEを呼びかけるため、自らのインスタグラムで星野源さんの動画とともに動画もアップしました。

https://www.instagram.com/p/B-3CgfcD3Xy/?igshid=9lq9e16v3owu

しかしこの動画も、”優雅すぎる”と炎上してしまいました。

奥さんの花見宴会、アベノマスクにインスタ動画、そしてコロナ対応にと何をしても炎上してしまいました。

これだけ世間からバッシングを受けるというのは想像を絶する大変さだと思います。

安倍晋三首相の最近の体調不良は新型コロナウィルス感染や病気というより、世間からのバッシングからの心労と疲労のせいではないでしょうか?

ほかの病気で吐血したってホント?

安倍晋三首相の体調不良は新型コロナウィルスの感染ではないようです。

他の病気で吐血したと報道されています。

吐血すると聞くと大変な病気なのではないかと思ってしまいますよね。

2020年7月6日のことのようです。

官邸で小池百合子東京都知事と面会した後だそうです。

その直後に体調不良を訴え、吐血したということなのです。

小池百合子東京都知事に何か言われたのでしょうか?

そして8月17日には慶應大学病院に検査受診という報道が流れました。

慶應大大学病院にいた時間はなんと7時間半。

そんなに長い時間の検査ということで健康不良説は間違いないということが言われています。

その後、健康に問題はなく職務を遂行すると発表されました。

しかし、与党野党は持病の潰瘍性大腸炎が深刻化していると捉えているようです。

首相は6月にも健康診断を受けていて、健康には気を使っていると思われます。

慶応大学病院は、安倍晋三首相のかかりつけの病院で主治医がいます。

潰瘍性大腸炎という病気は強いストレスが引き起こす病気のようです。

2007年の第一次安倍政権の時にもこの病気がひどくなり、職務遂行が困難となりました。

現在もかなり体調が悪いようなので、入院するのではないか?と言われています。

そうなるとまた総理大臣を辞退することとなるかもしれません。

次期総理は誰になる?

現在の安倍内閣において、安倍首相が体調不良により辞職となると次期総理は誰になるのか気になります。

現在、有力視されているのが石破茂衆議院議員です。

そして菅義偉官房長官の名前も上がっています。

また前の第一次安倍内閣の時は、麻生太郎副総理が首相代行となりました。

その意味でも、次も麻生太郎氏ということも考えられますよね。

週刊文春が次期首相候補のアンケートをとったところ、第一位に石破茂、2位が小泉進次郎、3位が安倍晋三とうい結果となってようです。

このアンケート結果からも安倍晋三首相の人気が割と高いのが伺えますね。

そして2位の小泉進次郎氏の名前は前から上がってはいたものの、人気なのがわかりますね。

まだ首相には若いのではないか?という声もあります。

安倍首相の体調は心配されますが、是非とも早く回復してまた元気なはつらつとした姿を見たいですね。

以上、体調不良や次期首相候補について調べてみました。

 

関連記事 → 安倍晋三首相が持病悪化で辞任表明!!

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。